【お知らせ】喫茶室renconは閉店させていただきました。 今後の活動については、ルートカルチャーのWebサイトやツイッターアカウント(@rootculture)をご覧ください。

喫茶室 rencon(レンコン)

〒248-0005
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-53
鶴岡八幡宮境内
神奈川県立近代美術館 鎌倉 2F 
電話:0467-22-5000(代)
JR横須賀線 鎌倉駅 徒歩約10分
地図はこちら

スケジュール

美術館の開館日に合わせ、午前11時〜午後5時(土日祝は午前10時〜/ラストオーダー午後4時半)で営業しています。(月曜休館)

ROOT CULTURE

renconからのお知らせ

2013年3月24日をもって、喫茶室renconは閉店させていただきました。2年3か月の期間中、のべ1万人以上の方にご利用いただくことができました。スタッフ一同、心より感謝いたしております。今後も、また違った形で、鎌倉近美の存続の問題を議論できる開かれた場を作っていきたいと思います。これまで応援下さったみなさま、どうもありがとうございました!

なお4月以降は、展覧会をご覧になった方のみが喫茶室を利用できる、以前のような方式に戻ることが決定したようです。残念ながら展覧会チケットなしでの喫茶室の利用はできなくなりますのでお気を付けください。
(以上は3月25日 追記。以下は閉店のお知らせの1月末日のポストです)
====
2011年1月よりNPO法人ルートカルチャーは神奈川県立近代美術館 鎌倉 内の喫茶室renconを運営してきていましたが、2013年3月末をもってrenconとしての運営を終えることになりました。これまでrenconにお越しくださった皆様、そして、renconの運営にさまざまな面でお力添えをくださった皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。4月からは新しい名前で別の業者さんが喫茶室の運営を行うことになりますが、現在開催中の「実験工房展」の最終日3月24日まではrenconとして営業していますので、引き続きぜひご利用いただければと思います。

renconの名前の由来は、喫茶室のテラスから一望できる蓮池とルート(=根)カルチャーをかけて、そして、美術館の存続について市民県民のみなさんと開かれた議論を行えるような場にしたい(rencontré=仏語で会議、ミーティングなどの意)というコンセプトによるものです。renconとしての運営は残り2か月になりましたが、この期間に限らず、今後も鎌倉近美がどのような場所であったらよいのか、たくさんの方と話し合うことができればと思っています。

続きを読む "renconからのお知らせ" »

喫茶室 rencon facilitated by ROOT CULTURE

蓮池×ROOT(根)=rencon(レンコン)

鶴岡八幡宮の境内に立つ神奈川県立近代美術館 鎌倉。通称「鎌倉近美」の2F、蓮池をのぞむ大きく開かれたテラスのある喫茶室を、鎌倉に根ざした文化的交流の場づくりを目的に活動するNPO、ROOT CULTURE(ルートカルチャー)が運営しています。


※展覧会の観覧券がなくても喫茶室をご利用いただくことが可能になりました。美術館受付にて「喫茶利用」とお伝えください。専用のパスをつけて入館できます(展覧会をご覧になるには、別途観覧券が必要です)。

※観覧券の提示でドリンクメニュー割引料金となります。ご注文の際にご提示ください(当日のみ利用可)。

営業時間

原則として以下の時間の営業となります
(展覧会開催中のみ。休館日は喫茶室も閉店となります。)

午前11時~午後5時(土日祝は午前10時〜/ラストオーダー午後4時半)

営業時間が異なる場合がありますのでこちらのホームページ、またはツイッターアカウント(@rootculture)でご確認ください。

展覧会入れ替え時期および休館日(月曜日)は喫茶室も休室となります。開館日は美術館のwebサイトでご確認ください。
神奈川県立近代美術館 鎌倉

神奈川県立近代美術館 鎌倉とrencon

20世紀の偉大な建築家、ル・コルビュジエの弟子でもあった坂倉準三の設計による神奈川県立近代美術館 鎌倉は、2011年に60周年を迎えました。
じつは日本で一番最初に建てられたモダンアートミュージアム。世界でも、NYのMoMA、パリ市立近代美術館に次いで3番目の歴史を持つ公立近代美術館なのです。
この美しい環境に建つ名建築が良い形で残され、素敵な使い方をされてゆくために、私たち市民は何をすればよいのか。鎌倉で活動するNPOであるルートカルチャーは、この喫茶室renconという場を、みなさんと一緒に考え、意見を交わす場として運営していきたいと思っています。